猟能研究会Hunting ability

日本犬保存会では昭和60(1985)年、現在の猟能研究会につながる実猟部を発足しました。
日本犬は縄文・弥生時代からその姿を変えることなく今日に至っています。そこにはイノシシ・鹿など野生鳥獣に対する猟性を発揮し狩猟犬として先人と共存してきた歴史背景があります。
現在は本能を発揮する場のない「犬舎飼い」の環境下でペットとして人と寄り添うよう愛される生活をするようになっています。
そうしたなかで日本犬の本質である猟能・猟技・使役面を矮化させたり、なくしてはいけないことも保存していくうえで大切な課題です。
日本犬として狩猟本能がどの程度、保存・継承されているかを知り、またこれからの作出に生かすために行う研究会です。

猟能研究会のお知らせ

参加資格 現会員所有の登録犬
狂犬病予防注射済の犬であること
年齢区分 若犬 成・壮犬
小型 1年6ヶ月未満 1年6ヶ月以上
中型 1年10ヶ月未満 1年10ヶ月以上

新型コロナウイルス感染症対策について

本部・各連合会主催の猟能研究会に参加(見学を含む)される方は感染防止にご協力ください。
①マスクの着用をお願いします。マスクは各自でご用意ください。
②会場入口の消毒液で必ず手の消毒をしてからご入場ください。
③せき・喉の痛み・発熱など、体調が優れない場合は参加の自粛をお願いします。

本部主催(第38回)

日時 令和4年5月29日(日)午前8時30分~12時頃まで
会場 『金沢市健民海浜公園』
石川県金沢市普正寺町11-1-1
安倍 弘 TEL:090-3764-0058
出犬料 無料
申込締切日 令和4年5月18日(水)
出犬数 (1)1会員2頭までとする。
(2)小型犬、中型犬共に30頭以内、合計60頭を限度とし、定数に達した場合はその日を締切日とする。
申込方法 支部・連合展覧会出陳申込書を使用し、型別欄に犬種、実猟及び猟能経験の有無を必ず記入する。
申込先 〒101-0062
東京都千代田区神田駿河台2-11-1
駿河台サンライズビル1F 猟能研究部宛

四国連合会主催(第24回)

日時 令和4年4月29日(金)午前9時から
会場 『野川猪犬訓練所』
高知県安芸郡北川村野川(令和元年と同じ場所です)
出犬料 1頭に付き3,000円
申込期間 令和4年4月11日(月)~4月21日(木)必着
申込方法 申込は、支部・連合展覧会出陳申込書の用紙を使用し、所定の事項並びに型別欄に犬種、実猟経験の有無を記入の上、出犬料とともに現金書留にて郵送してください。
申込先 〒781-6457
高知県安芸郡北川村弘瀬99番地
弘田 純清 TEL:090-1579-1599
※新型コロナウイルス感染症の発生状況により中止する場合がありますので、申し込みの際は四国連合各支部へ問い合せ又は当ページにて開催の有無をご確認ください。

北陸連合会主催

日時  令和4年5月29日(日)本部主催研究会終了後、14時30分頃まで
会場 『金沢市健民海浜公園』
石川県金沢市普正寺町11-1-1
出犬料 無料
申込締切 令和4年5月18日(水)
申込方法 支部・連合展覧会出陳申込書を使用し、所定の事項並びに型別欄に犬種を記入の上郵送してください。
申込先 〒931-8332
富山県富山市森1-8-15
安倍 弘 TEL:090-3764-0058
※ 出陳数に制限があります。申込み多数の場合は担当委員の方で調整をします。